株式会社シオノ鋳工

                           

操作方法

※工場内の木型は当社の取引先側の所有物ですので、ぼかし処理しております。

ごあいさつ

弊社は1830年(天保元年)より、与謝野町の地で鋳造業を営んで参りました。

時代の変化とともに作る製品も変わり、鍋や釜からポンプ部品などの精度を必要とされる産業機械へと変化してきました。
職人の経験や勘、そして過酷な肉体労働で手作りしていた製造プロセスも、機械化やIT活用など近代的なシステムへと移行し、現在では経験や体力がなくとも仕事ができる環境へと変化しています。

しかし、どんなに時代が変わろうとも変わらないものがあるとするならば、それは仕事をする目的、誰もが幸せになるために仕事をすることなのだと思います。
幸せとは、安定した給料をもらって安定した生活を営むことでしょうか?他の人よりも高い地位へ登りつめることでしょうか?それらも、間違いではないと思います。

弊社では「幸せ」について1年間考えました。
私だけでなく社員とともに考え、議論した答えが「成幸」(成長こそ人の幸せ)です。
仕事のスキルだけでなく、人として成長するということです。

弊社ビジョンである「100年後も成幸であり続ける」を実現するために、社員一同、人との関わりを大切にしながら、新しいことにチャレンジし続ける所存であります。
そして、弊社の成幸がお客様の要望に応える製品とサービスの提供につながると確信しています。

株式会社シオノ鋳工
代表取締役 塩野 浩士

アピールポイント

シオノ鋳工は鉄を溶かし砂で造った型に流し込んで、鋳物と呼ばれる金属製品を造る鋳造業を営んでおります。

製造工程の多くを作業員の人の手に頼る生産体制を取り入れており、大量生産向きの自動化された鋳造工場では対応が難しい多品種小ロットの鋳物製品を受注し製造しております。

最高の生産効率と最小の不良率を目指して日々工夫を続けており、社員と会社がともに成長していっています。

そんなシオノ鋳工の自慢は、日本の製造業の中で最も美味しいと自負している社員食堂のランチです。
調理専門のスタッフが2名おり、毎日20品目以上の食材を利用した手作り日替わりランチを社内で作り社員全員に格安で提供しております。

会社概要

会社名 株式会社シオノ鋳工
設立 1971年
事業内容 多品種小ロットに特化した銑鉄鋳物鋳造業
代表者 塩野 浩士
所在地 〒629-2421 京都府与謝郡与謝野町金屋1917-1
HP https://shiono-cast.com

お問い合わせ

    お名前 必須
    貴社名 必須
    部署名
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    お問い合わせ内容必須

    利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

    プライバシーポリシーに同意する

    topへ